カテゴリー別アーカイブ: SideFXLabs

Labs Extract Borders / Spiral / Path Deformノードについて

こちらの記事では、「Labs Extract Borders」「Labs Spiral」「Labs Path Deform」ノードの概要および各ノードのパラメーターについてご紹介します。
SideFXLabsツールのノードは、SideFX社のホームページで紹介されています。併せてご覧ください。


SideFXLabsツールのインストール手順

SideFX Labsツールセットのインストール手順については、以下の記事をご参照ください。

Houdiniの内部システムからの直接インストール

Githubからの手動インストール



Labs Extract Bordersノードとは

メッシュからカーブを抽出します。 このノードは、メッシュ境界をカーブとして抽出するか、全てのポイントを分割してメッシュのワイヤーフレームバージョンを出力することにより、モデルをカーブに変換します。

続きを読む

Labs Color Adjustment / Color Blend / Color Gradientノードについて

こちらの記事では、「Labs Color Adjustment」「Labs Color Blend」「Labs Color Gradient」ノードの概要および各ノードのパラメーターについてご紹介します。SideFXLabsツールのノードは、SideFX社のホームページで紹介されています。併せてご覧ください。



SideFXLabsツールのインストール手順

SideFX Labsツールセットのインストール手順については、以下の記事をご参照ください。

Houdiniの内部システムからの直接インストール
Githubからの手動インストール



Labs Color Adjustmentノードとは

このノードを使用することで、通常はカラーに対して行われる業界標準のオペレーションを使用して、モデルの頂点カラーを調整することができます。
頂点カラーのガンマ補正、または彩度を低くする場合やCalculate Occlusionノードなどの別のノードの出力を調整/拡張する場合に非常に役立ちます。

続きを読む

Niagaraノードについて

こちらの記事では、Niagaraノードの概要およびHoudiniとUnreal Engineを使用したHoudini Engineプラグインの使用事例についてご紹介します。事例では、Houdini Niagaraノードを使用してデータを出力し、Unreal EngineのNiagaraエフェクトを作成します。

Unreal Engine Niagaraのドキュメントは、Epic Games社公式ホームページに公開されています。併せてご覧下さい。

Niagaraとは

Unreal Engineの視覚効果エディタです。パーティクルエフェクトを作成し、リアルタイムでプレビューするために使用します。Niagaraは、Unreal Engineの次世代VFXシステムに位置付けされており、ナイアガラを使用することで、テクニカルアーティストはプログラマーの手を煩わせることなく、自身で追加の機能を作成することができます。VFXシステムは、容易に使用することができ、適応性と柔軟性に優れたシステムとして設計されています。Unreal EngineにおけるNiagara VFXシステムには、システム、エミッタ、モジュール、パラメーターの4つのコンポーネントがあります。

HoudiniとUnreal Engineの連携

事前に、Houdiniで計算したポイントクラウドの値(color、impulse、time、life、position、velocity、normal、idやtype等)をNiagaraのパーティクルへ渡すことで、Houdini内で計算した複雑なアニメーションや挙動をNiagara上で再現することが可能です。Houdini上での、破壊の計算は、SideFXLabsツールに含まれているRDB(リジッドボディ)ノード等を使用します。Houdiniからエクスポートされるデータは、hcsv(CSV形式)として出力され、Unreal Engineにインポートし、Niagaraで使用します。

Quixelについて

こちらの記事では、Quixel Bridge、Megascan、Mixerの概要およびHoudiniとQuixelを使用したMegascans Plugin for Houdiniのアセットのエクスポートについてご紹介します。Megascans Plugin for Houdiniのドキュメントは、Quixel社公式ホームページ(英語)に公開されています。併せてご参照ください。

迅速なアセット管理と任意のツールにデータをエクスポート

Quixel Bridgeとは

Bridgeは、Megascansライブラリのアセット管理ツールです。スキャンされた3Dアセットの閲覧、プレビュー、ダウンロード、整理、エクスポートを行うことができます。

続きを読む

Mapboxについて

こちらの記事では、Mapboxの概要およびMapboxノードの詳細や、HoudiniでMapBoxノードを使用した事例についてご紹介します。

Mapboxについて

Mapboxは、様々な形式で地図データを閲覧およびダウンロードすることができます。MapBoxノードは、mapbox.com APIのラッパーを提供します。Houdiniでは、Mapboxのデータを元に、色や標高、そしてOpen Street Map (OSM) カーブを生成します。

続きを読む

Open Street Mapについて

こちらの記事では、Open Street Map(OSM)の概要および各OSMノードの詳細や、HoudiniでOSMノードを使用した例についてご紹介します。Open Street Mapについては、SideFX社ホームページで紹介されています。併せてご参照ください。

Open Street Mapノードについて

Open Street Mapは、City Mapデータで利用するオープンソースのXMLベースのファイル形式です。Houdiniで使用することのできる、Open Street Map(OSM)ノードはGeometryネットワーク内に3つあります。

続きを読む

RizomUVプラグインについて

こちらの記事では、RizomUVプラグインの概要およびRizomUV(評価版)のインストール手順やHoudiniでRizomUVノードを使用した事例ついてご紹介します。

RizomUVとは

RizomUVは、UVデータの生成に特化したソフトウェアです。Houdiniで使用することのできる、RizomUVノードはGeometryネットワーク内に4つあります。

チュートリアル

続きを読む

Zbrushプラグインについて

こちらの記事では、GoZプラグインの概要および各GoZノードのパラメーターについてご紹介します。また、記事ではZBrush(トライアル版)のインストール手順やZBrush(トライアル版)とHoudini18.0.416を使用したGoZプラグインの動作についても記載していますので、併せてご覧ください。

Game Development Toolset及びSideFXLabsツールのインストール手順

■Houdini 16.0および16.5の場合
1.提供されたHDAをインストールします。
2.Houdiniを再起動します。
3.GoZシェルフからGoZを有効にします。

■Houdini17の場合
1.GameDevelopment Toolset(1.63以降)をインストールします。
2.Houdiniを再起動します。
3.GameDevelopment ToolsetシェルフからGoZを有効にします。

GameDevelopment Toolsetのインストール手順およびHoudini17におけるGoZプラグインの詳細については、SideFX社ホームページ(英語)をご参照ください。

■Houdini 18.0の場合
GoZプラグインは、SideFX Labsとともに配布されます。
SideFX Labsツールセットのインストール手順については、以下の記事をご参照ください。
Houdiniの内部システムからの直接インストール
Githubからの手動インストール

Reality Captureプラグイン

今回の記事では、Reality Captureプラグインの概要およびReality Captureノードを使用したシーンの構築や各パラメーターについてご紹介します。
Reality Captureプラグインについては、SideFX社ホームページ(英語)で紹介されています。併せてご参照ください。

インテグレーション

Reality Captureプラグインを使用した場合、Houdini内からReality Captureプロセスを実行して、パイプラインを合理化することができます。入力から複数の画像を取得して、出力として高解像度モデルを生成し、Houdiniのメッシュパイプラインで実行できるように設計されています  。Reality Captureの全ての機能を完全に置き換えるようには設計されていませんが、Houdiniパイプラインに正確に適応します。
Reality Captureは、通常の画像やレーザースキャンから美しく正確な3Dモデルを自動的に抽出します。最先端の一体型フォトグラメトリソフトウェアソリューションです。

クイックデモ

ライセンス情報

Reality Captureプラグインを実行する場合、有効なReality Captureのライセンスが必要です。Reality CaptureのSteamバージョンを除き、全てのライセンスタイプはプラグインと互換性があり、Promoライセンスは正常に機能します。

互換性情報 

現在、プラグインはWindowsでのみ利用可能です。

続きを読む