カテゴリー別アーカイブ: ROP

Houdini18.5 新規ROPノード

2020年10月20日、SideFX社よりHoudini18.5がリリースされました。

こちらの記事では、Houdini18.5から「新たに追加されたROPノード」を画像と合わせてご紹介します。
また、その他にもHoudini18.5で「改良されたノード」も併せて記載しています。


下画像は、Houdini18.5で新たに追加されたROPノードの一覧です。Houdini18.5では、新たに2つのROPノードが追加されました(※Houdini18.5.350時点)。

また、Houdini18.5からネットワークエディタのTabメニューに「KineFX」の項目が追加されました。

続きを読む

Labs Vertex Animation Textures ROP / 作成したVATファイルをUE4で読み込む方法

こちらの記事では、Labs Vertex Animation Textures ROPノードの概要とパラメータについてご紹介します。


また、Labs Vertex Animation Textures ROPノードを使用して、HoudiniでVATおよび各ファイルを作成する方法や、Houdini Engine for Unreal Engineプラグインの読み込み、およびUnreal Engine 4でVATなど各種ファイルを読み込む手順を併せてご紹介します。

記事では、サンプルファイルも公開しています。ぜひ、ご覧ください。

SideFXLabsツールのインストール手順

SideFX Labsツールセットのインストール手順については、以下の記事をご参照ください。

●Houdiniの内部システムからの直接インストール
●Githubからの手動インストール

Labs Vertex Animation Textures ROPノードとは

頂点の位置や回転、法線の情報などがピクセルに色情報として格納された画像をVertex Animation Texture(VAT)と呼びます。
シミュレーションの結果からVATを生成し、ゲームエンジン内で再構築する際に必要となるデータ(exr、fbx、matなどのファイル)を一通り作成するためのROPノードです。

続きを読む

レンダリングに使われる中間ファイルについて

 今回の記事ではHoudiniに限った話ではありませんが、レンダリングでよく耳にする「中間ファイル」についての紹介します。
「中間ファイルがなんなのか」ということを知ることで、レンダリングにおいて、どのフェーズでどのライセンスが必要なのかを理解することができます。
ここではHoudiniを例にとって、初歩的な部分について解説をしていきます。 続きを読む