カテゴリー別アーカイブ: SideFXLabs

頂点座標値と頂点インデックスの画像データ出力について

こちらの記事では、頂点座標値と頂点インデックスを分けて画像出力を行う際の設定や、ネットワーク構築の一例についてご紹介致します。


Labs Vertex Animation Textures ROPノードを使用したデータの出力では基本的に、
メッシュデータ(fbxファイル)
頂点情報が記録された画像データ(Position Mapなど)が出力され、
必要に応じてゲームエンジン側で設定を行う際に、必要となる数値を記録したデータ(jsonファイル)を出力可能にするオプションが用意されています。


Position Mapは、メッシュの頂点が共有するポイントの位置座標情報がフレーム番号と関連付けられて記録されています。
そのため、メッシュの構築も含めて画像データから行いたい場合は、別途ポイント番号に対応した頂点情報を記録した画像データが必要となり、それに適したアプローチをとる必要が出てきます。

今回は、下図のような画像データの出力を行う場合の一例を紹介します。

続きを読む

Labs Vertex Animation Textures ROPを使用したFlip処理の設定 / メッシュの頂点情報の編集 / バッチファイルの実行方法

こちらの記事では、Vertex Animation Textureに対して、保存情報の変換(Flip処理)を行う方法、メッシュの頂点情報の編集を行う方法、バッチファイルの実行方法について、ご紹介致します。

SideFXLabsツールのインストール手順

SideFX Labsツールセットのインストール手順については、以下の記事をご参照ください。

●Houdiniの内部システムからの直接インストール
●Githubからの手動インストール

Labs Vertex Animation Textures ROPノードについて

記事で使用している「Labs Vertex Animation Textures ROPノード」については、こちらの記事をご参照ください。

サンプルファイルについて

記事で使用しているプロジェクトファイル等は、こちらからダウンロードすることができます。
配布している[Sample_Hip]ファイルの中には、Labs Vertex Animation Textures ROPノードのネットワークを編集して、Flip処理を追加したHDAファイル「IZ.Custom_vertex_animation_textures.3.3.hda」を添付しています。
サンプルのHipファイル内で開かれている Vertex Animation Textures ROPノードは、読み込んだHDAファイルです。
Tabメニューから、ROPノードの検索を行った際に、[Custome Vertex Animation Textures]と表示されているノードが該当します。併せてご活用ください。

こちらの記事では、Houdini18.0.592を使用しています。

続きを読む

SideFX Labs Tool  トップページ

LAB TOOLS

こちらのページは、SideFX Labsツールのトップページです。

アイコン画像またはツール名をクリックすることで、各Labsツールの記事へアクセスすることができます。また、Houdini日本語情報ブログ左横の[SideFX Labs]からも記事をご覧いただけます。

※ご注意:一部のLabsツールは記事が未掲載です。
掲載次第、随時トップページを更新していく予定です。

また、記事の下部ではバージョンの更新で非推奨になった
Labsツールも併せて公開しています。

SideFX Labsツールセットのインストール手順については、
以下の記事をご参照ください。

Houdiniの内部システムからの直接インストール

Githubからの手動インストール

UnityへVertex Animation Textureを読み込む際の設定方法、その他詳細設定について

こちらの記事では、UnityへVertex Animation Textureを読み込む際の設定方法や、各メソッドごとの設定方法、その他詳細設定についてご紹介します。
また、記事で使用しているLabs Vertex Animation Textures ROPノードについては、こちらをご参照ください。

記事で使用しているプロジェクトファイル等は、こちらからダウンロードすることができます。併せてご活用ください。

SideFXLabsツールのインストール手順

SideFX Labsツールセットのインストール手順については、以下の記事をご参照ください。

●Houdiniの内部システムからの直接インストール
●Githubからの手動インストール

Unityへの読み込みについて

こちらでは、Houdini18.0.592とUnity 2019.4.7f1を使用しています。
また、今回は下画像のような建物が崩れるシンプルなシミュレーションを使用します。

続きを読む

Labs Vertex Animation Textures ROP / 作成したVATファイルをUE4で読み込む方法

こちらの記事では、Labs Vertex Animation Textures ROPノードの概要とパラメータについてご紹介します。


また、Labs Vertex Animation Textures ROPノードを使用して、HoudiniでVATおよび各ファイルを作成する方法や、Houdini Engine for Unreal Engineプラグインの読み込み、およびUnreal Engine 4でVATなど各種ファイルを読み込む手順を併せてご紹介します。

記事では、サンプルファイルも公開しています。ぜひ、ご覧ください。

SideFXLabsツールのインストール手順

SideFX Labsツールセットのインストール手順については、以下の記事をご参照ください。

●Houdiniの内部システムからの直接インストール
●Githubからの手動インストール

Labs Vertex Animation Textures ROPノードとは

頂点の位置や回転、法線の情報などがピクセルに色情報として格納された画像をVertex Animation Texture(VAT)と呼びます。
シミュレーションの結果からVATを生成し、ゲームエンジン内で再構築する際に必要となるデータ(exr、fbx、matなどのファイル)を一通り作成するためのROPノードです。

続きを読む

Labs Fire Presets / Labs Motion Vectorsノードについて

こちらの記事では、「Labs Fire Presets」「Labs Motion Vectors」ノードの概要および各ノードのパラメータについてご紹介します。SideFXLabsツールのノードは、SideFX社のホームページで紹介されています。併せてご覧ください。

SideFXLabsツールのインストール手順

SideFX Labsツールセットのインストール手順については、以下の記事をご参照ください。

Houdiniの内部システムからの直接インストール
Githubからの手動インストール



Labs Fire Presets Objectノードとは

炎のシミュレーションを素早く生成、レンダリングし、トーチのような小さなものから大小高さ1mまで様々なサイズをプリセットで設定できます。ソースジオメトリの設定とボリューム化、シミュレーションとビジュアライズ、シェーダーノードなど、基本的な炎の作成に必要なノードのパラメータを抽出し、Object階層から制御可能としたアセットノードです。

続きを読む

Labs Sphere Generator / Lot Subdivision / Cable Generatorノードについて

こちらの記事では、「Labs Sphere Generator」「Labs Lot Subdivision」「Labs Cable Generator」ノードの概要および各ノードのパラメーターについてご紹介します。
SideFXLabsツールのノードは、SideFX社のホームページで紹介されています。併せてご覧ください。

SideFXLabsツールのインストール手順

SideFX Labsツールセットのインストール手順については、以下の記事をご参照ください。

Houdiniの内部システムからの直接インストール
Githubからの手動インストール


Labs Sphere Generatorとは

Labs Sphere Generatorは、UVと法線を持つ立方体からスフィアを作成します。
このノードは、立方体をスフィアの形に変形し、UVを十字形に配置します。通常のスフィアと同様に、分割のレベルを変更することができます。また、法線を修正したり、平面に基づいて切断することや、いずれかの軸を基準にして頂点カラーを追加することもできます。

続きを読む

Labs Gas Expand from Temperature / Labs Gas Flamefrontノードについて

こちらの記事では、「Labs Gas Expand from Temperature DOP」「Labs Gas Flamefront DOP」ノードの概要および各ノードのパラメーターについてご紹介します。
SideFXLabsツールのノードは、SideFX社のホームページで紹介されています。併せてご覧ください。

SideFXLabsツールのインストール手順

SideFX Labsツールセットのインストール手順については、以下の記事をご参照ください。

Houdiniの内部システムからの直接インストール
Githubからの手動インストール


Labs Gas Expand from Temperature DOPノードとは

このマイクロソルバーは温度変化に応じ、流体を膨張させる目的で使用できます。
Temperature(温度)は、特に煙や炎のシミュレーションを動作させる上で最も重要なフィールドデータになります。このノードでは、前フレームと現在のフレームにおけるtemperature fieldの値を使用した計算を行い、これをdivergence fieldに対して毎フレーム加算する処理を行うことで流体の膨張を表現します。特に温度の高い箇所についてはdivergence fieldに毎フレーム加算される数値が大きくなるため、流体中の温度の高い箇所が膨張する働きを示します。

続きを読む

Labs Delete Small Parts / Align and Distribute / Cylinder Generatorノードについて

こちらの記事では、「Labs Delete Small Parts」「Labs Align and Distribute」「Labs Cylinder Generator」ノードの概要および各ノードのパラメーターについてご紹介します。
SideFXLabsツールのノードは、SideFX社のホームページで紹介されています。併せてご覧ください。

SideFXLabsツールのインストール手順

SideFX Labsツールセットのインストール手順については、以下の記事をご参照ください。

Houdiniの内部システムからの直接インストール
Githubからの手動インストール



Labs Delete Small Partsとは

各ピースを接続性とサイズに基づいて削除します。
このノードは、メッシュ上の各ピースのサイズを計算し、特定のサイズのしきい値を下回るものを削除します。これは、フォトグラメトリやFluidメッシュの目に留まらない無数の飛沫や切断された小さな破片をクリーンアップする場合に役立ちます。

続きを読む

Labs Trace PSD File / Curve Sweep / Symmetrizeノードについて

こちらの記事では、「Labs Trace PSD File」「Labs Curve Sweep」「Labs Symmetrize」ノードの概要および各ノードのパラメーターについてご紹介します。
SideFXLabsツールのノードは、SideFX社のホームページで紹介されています。併せてご覧ください。

SideFXLabsツールのインストール手順

SideFX Labsツールセットのインストール手順については、以下の記事をご参照ください。

Houdiniの内部システムからの直接インストール
Githubからの手動インストール



Labs Trace PSD Fileとは

Photoshopファイルレイヤーから曲線を生成します。
このノードは、複数のレイヤーを持つPSDファイルで動作するTrace SOPのラッパーです。
これは、Photoshopファイルのレイヤーから取得した画像から曲線を生成するように設計されています。

※Trace SOPは、画像ファイルから曲線をトレースします。

続きを読む